宅建協会県南支部で今年2回目の研修会

公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会県南支部の業者講習会に招かれ、「改正宅建業法とこれからの不動産業界」について講演しました。

県南支部の講習会は今年3月に続いて2回目。平成30年度は3回開催する事業計画で、すべて私に講演依頼すると支部長が開講挨拶で皆さんに話しておられました。2回目は11月、3回目は年明けに開催が予定されています。

今日は今回の改正宅建業法の全体を話をした後、9月スタートの賃貸住宅管理業者登録制度の改正点について話をし、さらにこれからの不動産業界、キーワードは「空き家」「シェア」と題して話をさせてもらいました。

6月15日にスタートしたばかりの民泊新法。何かとネガティブなニュースが多く流されていますが、これからは都心型の違法民泊のようなものだけでなく、ローカルでの体験型民泊に注目すべき事を話させてもらいました。

また、相続対策でビジネスチャンスと題し、成年被後見人制度と家族信託制度について、また社会問題化する待機児童問題と不動産業者の接点と題し「企業主導型保育事業」と土地の有効活用について話を致しました。

さらに外国人観光客の増加だけでなく外国人の就労人口が増えていることなどから、外国人への対応をどう考えるべきかなどについても触れました。

もちろん、これからの不動産業界と言うことで、IT重説、契約書の電子化、VR案内、スマートロック等の普及が進む不動産業界についても話をさせてもらいました。

企業内宅建講座 法令上の制限がスタート

お昼の姪浜教室に続き夜は企業内の宅建講座でした。
これから10月まで、火曜木曜は昼と夜の2回、宅建講座を開講します。
なかなかハードなスケジュールです。

企業内宅建講座は順調な進行で予定通り7回目で宅建業法が終了。
今日から法令上の制限に入りました。
科目の中ではほとんどの受講生に不人気な科目ですが、案外と問題は解きやすい気がします。
暗記科目で問題は素直なものが多く、全8問、なんとか生徒の皆さんにはゲットしてもらいたいものです。

ワース宅建講座姪浜教室開講

毎週火曜日木曜日のお昼に開催するワース宅建講座姪浜教室が本日開講しました。生徒数4名。最低開催人数をやっとクリアしての開催です。しかし、少ないだけに生徒と先生の距離も縮まります。きっと、皆さん頑張って下さると思います。

生徒さんの多くが西区にお住まいと思いきや、西区の方はお一人で、二人は大野城市と春日市から、そしてもう一人は沖縄にお住まいとのことで、ビックリしました。4ヶ月、どんな感じで参加されるのかまではお聞きしませんでしたが、興味津々です。

初日は飛行機が遅延したようで、残念なことに1時間ほど遅れての参加でしたが、大変熱心に受講されていました。録音データがありますから復習にはそれが使えるので安心です。

これで2018年のワース宅建講座はすべて開講しました。総勢、19名の受講生です。全員の合格をめざします。

 

第2回筑紫支部定期業務講習会

今日は筑紫支部定期業務講習会の2回目。盛りだくさんのテーマで話をさせていただきました。

○共有持分の処分と報酬額制限告示の変更について
○改正賃貸住宅管理業者登録制度がスタート
○本日スタートの住宅宿泊事業法について
○重要事項説明書の記載実務 その1

本来は最後のテーマが中心の講義なのですが、上三つが業界のホットな情報のため、少し時間を割いて解説しました。

本来のテーマである重要事項説明書の記載実務についてはかなり詳細な内容の講義となり、結局、途中までしか進まず、この講義は次回8月の第3回講習会で行う事としました。

なお、次回7月は初心者向け業務講習会の2回目となります。

 

毎日が宅建講座

今日はワース企業内宅建講座でした。早いもので6回目を迎えました。いよいよ宅建業法もあと1回で終わりです。受講生の皆さんには自宅学習の必要性を常に伝え続けています。特に復習のための過去問にトライすることが大切です。宅建の試験は講座を聴けば通るほど簡単ではありません。講座はわからないところを確認に来るところです。自宅学習にどれだけ集中できるかが合否の分岐点となります。宅建業法が終了すれば、過去問の宅建業法を徹底的にやってもらいたいと思っています。

それにしても月金コースのスタートで毎日が宅建講座となりました。なかなか大変です。喉のケアが不可欠です。

ワース宅建講座月金コースがスタート

ワース宅建講座水曜コース、火曜木曜の企業内宅建講座に続き、今日から月曜金曜コースがスタートしました。初日に出張が入っていた受講生1名の方が欠席されましたが、定員いっぱいのスタートとなりました。  約4ヶ月、合格に向けて本格始動です。

企業内宅建講座第3回

本日は企業内宅建講座の第3回を行いました。受講者の方々の真剣さが少しづつ増してきてる気がします。質問も増えました。

ただ、講座はわからないところを教えてもらう場所にしか過ぎません。本当の勉強は自宅です。全ての鍵は自宅学習の時間をどれだけ割けるか。どれだけ集中できるかが合否の鍵です。

講義を聴いてどんなに理解できても自宅で試験問題への落とし込みをやらないと、結局点数は伸びません。

受講者の皆さんには4時起きをていあんしましたが、せめて5時起きでこの4ヶ月を乗り切ってもらいたいものです。

水曜コースの受講生の方の中には実践し始めた方も出始めました。

ワースの関連事業・英会話塾に新規の教室オープン

株式会社ワースは不動産関連の事業だけでなく、英会話の教室も運営しています。

現在、天神と姪浜に6クラスを開講していますが、とくに姪浜の受講生が多く、クラスごとの定員をオーバーするようになってしまいました。
姪浜クラスは地下鉄姪浜駅に隣接するえきマチ一丁目カルチャールームをお借りして3クラスを開いています。

そこで、クラスを増設するために地下鉄姪浜駅南1丁目、駅から歩いて徒歩1分のところに自前の教室を開設しました。

今日はそこでの初めての授業。みなさんの評判は上々でした。ここを起点に今後はキッズクラスや、ビギナー&ビギナー(超初心者)向けのクラスも開設する予定です。
また、Haven先生がジムで体を鍛えながら英会話を教えるコースも開設予定です。楽しみにしておいて下さい。

ほかにも、企業内英会話クラスの開設をご希望の企業様、企業ホームページに英語版を追加したい方など、翻訳をご希望の企業様もご連絡頂ければご相談に応じます。

当社英会話教室については当社ホームページをご覧下さい。
また、日々のクラス運営についてはホームページからブログをクリックして頂くか直接English Chat Cafeのページをご覧下さい。

 

企業内宅建講座2回目

昨晩は企業内宅建講座の2回目で、宅建業法の免許・宅建士の項目を勉強しました。

主催者ご担当の方が開始前に「受講生が『面白い講義で2時間半があっという間に終わりました』って言ってましたよ。」と、受講者の反応を聞かせて下さいました。受講生の方に少しでも喜んでもらえ、参加することを楽しみにしてもらえるというのは嬉しい限りです。

2回目でかなりリラックスされた感が有り、質問も出てきました。この調子で少しづつ理解を深めてもらえればと思っています。