北九州で宅建士法定講習会

毎月1回、北九州で開催の宅建士法定講習会。私の担当は3ヶ月に1回だが、受講生の方々が熱心に聞いて下さるのは嬉しい。今回も1科目終了時点でお一人の方が熱心に質問にお見えになったが、翌日、自宅に2名の受講生の方からお電話を頂き、もっと話が伺いたいとのことだった。流石に自宅まで電話をかけて見えるのは余りないが、熱心さ故の事。できるだけ意に添えるサポートを心がけたいと思っている。

ワース宅建模擬試験解答解説講座第2回

第2回目のワース宅建模擬試験解答解説講座。2時間の試験と5時間の解説。今日の模擬試験の最高得点は42点でした。

2019年のワース宅建士資格取得関連の講座は本日ですべて終了しました。出来れば全員の受講生が合格することが出来れば良いのですが、正直、それほど甘い試験でないことも事実。来週の本試験で学んできた実力が発揮できれば、大きな収穫が期待できると思います。

頑張れ、ワースの受験生!!!

ワース不動産塾壱の組がスタート

ワース不動産塾壱の組がいよいよスタートしました。定員8名満席での開講で、大勢での研修会ではなかなか聞けない話、質問など、講義に加えて幅広い話ができ、参加者の方々も満足のスタートとなりました。
毎月1回のペースで進める6回コース。今回は基礎編と言うことでの開講ですが、6回終了後は中級編も継続実施する方向で検討しています。
なお、今回定員オーバーで参加できなかった方のために、2020年1月からワース不動産塾弐の組をスタートさせます。
今回同様定員は8名。早めの申込みをお願いします。詳細はこちらから。

ワース宅建模擬試験解答解説講座第1回

本年度ワース宅建講座の総まとめとなる模擬試験解答解説講座の第1回を開催。定員を1名超える9名が参加されました。
2時間の試験の後、5時間かけての解答解説を行いました。
今回の最高得点は41点。1週間後の次回までにどれだけ伸ばせるか、受験生も山場です。

天神教室に続き姪浜教室でも短期集中講座が終了

8月下旬から始まった全6回シリーズのワース宅建短期集中講座。今日で天神教室、姪浜教室ともに全講座が終了しました。1日5時間が5回、7時間が1回のハードなスケジュールでしたが、試験直前の受講生にとっては弱音を吐くこともなく、真剣にそのものでした。
2019年ワース宅建講座も残すところ明日と来週日曜日の模擬試験解答解説講座のみとなりました。
レギュラー、短期集中、模擬と参加された受講生全員の合格を願うばかりです。

短期集中講座天神教室終了

短期集中講座天神教室も今日で終了。6回コースは変わらなかったが当初の計画よりも法令上の制限の時間を2時間延長して実施。民法2日で10時間。宅建業法も2日で10時間。法令上が1日7時間、その他の分野が1日で5時間。一問一答100題の解答と解説を中心に各科目の総まとめができました。

宅建協会福岡西支部定期業務研修会第2回

福岡西支部6回シリーズの第2回研修会。今日の研修会は改正民法関連では相続法について配偶者居住権を中心に話をさせてもらいました。配偶者の平均余命と複利現価率を用いた居住権割合の出し方などについても解説しました。

その後不動産実務に関する分野では媒介契約書に続き、重要事項説明書について建築基準法の改正なども踏まえながら2時間講義しました。

福岡西支部は午後3時半から第1部、午後6時から第2部と2部構成。1回の定員が30名で合計60名強が参加。

宅建協会の県本部職員5名も毎回特別聴講生として参加してくれています。

短期集中講座がスタート

宅建試験対策もいよいよ大詰め。8月28日には天神教室、そして今日からは姪浜教室で短期集中講座がスタートしました。レギュラーコースの顔ぶれに新たに5名の受講生を迎え、心機一転して臨みます。1回5時間の6回コース。新規の4名は皆さん独学でここまで歩んできた人たちばかり。どこまで理解を深めて合格ラインに到達できるか…。全力サポートの始まりです。

短期集中講座は、科目毎にまずは100問の問題を解き、問題の解説をベースに、各科目の重要ポイントを学習します。独学をしてきた人、どこかの教室で勉強してきた人、そしてワースのレギュラー講座で勉強してきた人たちが、短期間で集中的に総まとめに取り組む講座です。長時間の講義ですが、皆さんの熱心さに支えられてます。