福岡西支部で月例の研修会

昨日は福岡西支部主催の定期業務研修会でした。1日2回実施する2部構成の研修会も今回で3回目。改正民法と不動産実務の留意点を組み合わせた研修会で、今回は改正民法は債権編にしぼり、実務の留意点は売買契約書に絞っての内容でした。

終了後のアンケート結果を事務局の担当者の方に送っていただきました。参加者の皆様から頂くコメントが次への活力になります。感謝です。

・分かりやすく話していただいた。
・少し駆け足なのでもうすこしゆっくりのペースで説明して欲しい。
・非常にわかりやすかった。
・大変参考になりました。ありがとうございました。
・暦年と会計年の違いはなぜ生まれたのか、とか知りたかったですが、時間不足でした。
・大変良かったです。
・少し難しかったですが、ありがとうございました。
・いつも大変勉強になります。ありがとうございます。
・メモ欄が作られていてとても有り難かったです。
・相変わらずとても聞きやすく分かりやすいです。
・次回からの賃貸編も非常に楽しみです。宜しくお願いします。
・例を示してお話しいただくのでいつも良く理解できます。ありがとうございます。
・丸尾先生が講師を担当されるセミナーには参加したい。
・民法大改正のポイントを業者目線で解説頂き、大変勉強になりました。会員になって良かったと思えるセミナーで、もっと多数の会員に参加の機会があればと思います。
・理解しやすい。良く理解できた。
・条文に触れながら説明がなされて、とても良かったです。
・民法の改正点が理解出来ました。
・新民法の解説がわかりやすかった。
・できれば文字だけのレジュメではなく、チャートや図を取り入れたものであれば、まだ分かりやすいと思います。
・とても分かりやすい。丁寧な説明でした。
・業務に活かして行きたいです。
・メモ欄が追加されて使いやすかった。
・例えが分かりやすく理解しやすかった。

次回からは賃貸編がスタートします。
講義終了後には1月開講予定のワース不動産塾弐の組の案内もさせて頂きました。
弐の組も定員一杯で開始できたらと、皆さんの参加を希望してます。


(公社)福岡宅建協会福岡西支部で研修会

いよいよ全6回の定期業務研修会が公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会福岡西支部で始まりました。午後3時30分から5時までの2時間と午後6時から8時までの2部構成です。

改正民法と売買・賃貸実務がテーマの研修会で、初回は前半が改正民法総則編を中心に解説。後半は売買編で、宅建業法が適用される範囲や、免許取消に繋がる免許の欠格要件、広告規制や媒介契約制度について講義させて頂きました。

宅建協会本部事務局からも5名ほどが参加。終了後のアンケート結果を頂きましたが98㌫の受講者の方に満足いただいたようで安心しました。

次回は9月12日です。

センチュリー21・ジャパン九州で研修会

今日はセンチュリー21ジャパン九州圏連絡会東地区の研修会でした。改正民法の話を中心に売買賃貸の重説、契約書について3時間の研修でした。

参加者の中から3名の方が8月下旬開講の宅建短期集中講座に、また1名が10月開講で12回コースの不動産業者のための英会話塾、6回コースの不動産塾にも2名が参加の意向を示して下さいました。

県南支部大牟田地区で研修会

福岡宅建協会県南支部主催のシリーズ研修会最終回が大牟田市エコサンクセンターで開催されました。

3回目の今回は改正民法、住宅宿泊事業法、改正賃貸住宅管理業者登録制度、ネットおとり広告規制について講義。

2年後に施行される改正民法では売買契約関連として契約不適合責任について、また賃貸借契約関連としては保証人の責任について、知っておかなければならない留意点について解説。

また住宅宿泊事業法では地方創生としての民泊をどう考えるかについて、賃貸住宅管理業者登録制度の改正については、今後の動向も含めて解説。最後のネットおとり広告規制については、姪浜教室開設時に自分が体験した話を交えて、賃貸でのおとり広告がいかに蔓延しているか、今回あらたに厳しくなった措置内容について説明した。

 

宅建協会中央支部で賃貸セミナー

前月につづき天神ビルで中央支部主催の研修会が開かれました。

今回は賃貸業者を対象にしたセミナーで、賃貸住宅管理業者登録制度や改正民法の賃貸借部分、さらに8月から厳しくなった「おとり広告」についての話など、かなり盛りだくさんのテーマで話をさせていただきました。

今回も前回同様120名近い方々に参加いただきました。

お昼の県南支部柳川地区に続いての研修会となりました。

宅建協会県本部の業者講習会始まる

2月1日、公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会の会員対象業者講習会がスタートしました。県下4会場で開催される業者講習会で、この日は福岡会場のアクロス福岡シンフォニーホールで開催されました。

今年1月1日に変更となった報酬額の大臣告示、4月1日からスタートする改正宅建業法のインスペクション関連規定について話しをさせて頂きました。

東京からお見えの涼風法律事務所の熊谷弁護士が民法改正とIT重説について講義されるなど、宅建業者にとっては必要な知識の習得を目的に行われました。

当日は1300人ほどの協会会員業者が参加され、熱心に耳を傾けておられました。

翌2日は飯塚ののがみプレジデントホテルで同じテーマの講習会が開催され、160名ほどの方が参加されました。

次は2月13日が久留米文化センター共同ホール、翌14日が北九州国際会議場で開催されます。