宅建協会福岡西支部がシリーズ研修会賃貸編開催

福岡県宅地建物取引業協会福岡西支部シリーズ研修会の第5回目。改正民法と不動産取引実務上の留意点・賃貸編。3時半から5時半までの1部と6時から8時までの2部で同じ話をしています。

今回も熱心に聞いて下さいましたが、今回、改正民法では賃貸に関する項目の中で特に関心が高いと思われる「物件の一部滅失による賃料減額」の問題、また個人保証人の保証の極度額の定めなど、これまでの実務と大きく変わる点について解説しました。

余り聞くことのない改正民法465条の5について話をするなど、かなり突っ込んだ内容となりました。

次回はいよいよ宅建協会がこのほど改定した賃貸借契約書について講義します。

なお、受講者の皆様方から暖かいコメントをアンケートの中で頂きましたのでご紹介します。

重説に十分記載があっても肝心の説明が不十分だったばかりに損害賠償義務が判決されたという点が非常に耳に痛かったです。今回は実際の重説に添った内容で特にためになりました。ありがとうございました。

毎回実務に役立つ内容で勉強になります。次年度も計画して欲しい。丸尾先生の解説は実務上必要な知識をポイント的に教えて下さるので頭に残ります。

いつもプラスアルファーの豆知識を教えて下さるので、とても助かります。有り難いです。

うっかりでは済まないことを教えて頂けてとても役に立ちます。自身の認識が確認できてありがたいと思います。

分かり易い説明でした。すごく勉強になりました。

重説に書かれている内容をもう一度勉強し直そうと思いました。勉強不足を実感しました。

大変興味深く面白く話を聞けました。ありがとうございました。

流石でした。

次が楽しみです。

身近な賃貸に役立つ知識が得られました。普段意識していないポイントに気づくことが出来るので今後も参加したいと思います。

賃貸重説のおさらいが出来て良かったです。

改正民法に係ることだけではなく、再確認コーナーが役立ちます。実務に基づくリアルな話が大変印象に残り勉強になります。

普段、管理業務に携わっているため、契約書類の改定にとても参考になりました。聞き取りやすく分かり易かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください